韓国語をマスター

韓国語能力試験を目標に韓国語を上達させる

せっかく韓国語上達のための学習をするのですから、何か目標を持って取り組んでみたほうが良いのではないでしょうか。

 

多くの方が思い浮かぶ目標としては、韓国語を上達させ、会話が出来るようになるということが重要かもしれません。

 

しかし、そういった目標は、韓国語でコミュニケーションが取れる相手がいないとなかなか実感することができないですから、目に見える目標を持つことがお勧めです。

 

そこで「韓国語能力試験」を目標にするのはいかがでしょう。

 

この試験は、韓国語を学ぶ人達の間で、最近話題となっているもので、韓国語の上達度を試すためや、学習の意欲を継続させるために利用されているようです。

 

簡単に韓国語能力試験の概要を紹介します。

 

この試験は、日本や韓国はもちろんですが、アメリカやヨーロッパなど世界18カ国で実施されており、日本においては、4月と9月の年2回開催されています。

 

試験内容としては、180分間の試験の中で、書き取りや聞き取りを含めた4つの試験によって韓国語の能力を判定するのです。

 

それぞれの試験で平均的に点数が取れていないと不合格となってしまうという試験となっていて、評価の基準としては、初級にあたる1、2級、中級にあたる3、4級、上級にあたる5、6級があり、点数によって、4つの合計点が200点以上なら1級、281点以上なら2級、4つのうち一つでも40または50点以下のものがあれば、不合格というように判定されるそうです。

 

韓国語の上達において重要と考えられている、聴いて話すという力だけでなく、書く、読むという力も必要となりますので、日本語を学ぶのと同じように、総合的に学習することが必要となります。

 

韓国語能力試験を目標に韓国語を上達させる関連エントリー


韓国語を覚えるコツや学習法を分かりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 韓国語を上達させる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

韓国語能力試験を目標に韓国語を上達させる