韓国語をマスター

よく使うことがから韓国語の上達を目指す

人とのコミュニケーションでは、挨拶することも大切ですが、相手に自分のことを知ってもらう事や、相手のことを教えてもらうということも重要な事です。

 

そこで必要になるのが「自己紹介」と相手のことを知るためのいくつかの「質問」です。

 

まず初めは「自己紹介」から韓国語の上達をしてみましょう。

 

自己紹介の基本は、自分の名前を伝えるという事です。

 

日本語では「私は○○です」と言いますが、韓国語でも同じように表現します。

 

「チョヌン○○イムニダ」となります。

 

「チョヌン」は「私は」ということで、会話の中では頻繁に使われる言葉ですから、韓国語上達のためのポイントとして、しっかり覚えておかなければなりません。

 

どこから来たのかを聞かれることもよくあるでしょう。

 

例えば「私は日本から来ました」が「チョヌンイルボンソワッスミニダ」となります。

 

日本は韓国語で「イルボン」、東京から来たということを伝えたいなら「ドンキョン」に替えるようにします。

 

次に、相手のことを理解するために、韓国語で名前などを聞くことを上達させておきましょう。

 

名前を聞く場合は「イルミモエヨ」となります。

 

韓国では、年上の方に対して必ず敬語を使って会話することが基本です。

 

韓国語上達のためには、そういった風潮を理解しておくことも大切ですから、初めてお会いした時の自己紹介の場面では、特に気をつけておくように心掛けましょう。

 

初対面で年齢のことを話題にするのは、少し抵抗があるかもしれませんが、敬語に対して厳しいということもあるので、韓国では年齢を問われることもよくあることのようです。

 

韓国語の上達のためには、韓国語で年齢を伝えることも併せて覚えておく事をお薦めします。

よく使うことがから韓国語の上達を目指す関連エントリー


韓国語を覚えるコツや学習法を分かりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 韓国語を上達させる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

よく使うことがから韓国語の上達を目指す