韓国語をマスター

挨拶から韓国語の上達させる

挨拶は人とコミュニケーションを取るための基本的なとても大事な言葉です。

 

韓国語上達のための学習を、始めたばかりの人でも、挨拶くらいならすぐに覚えることができますから、まずは毎日使う挨拶から学習を始めてみる事をお薦めします。

 

挨拶は簡単とは言っても、日本語でも挨拶にはたくさんの種類があります。

 

「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」「さようなら」、お礼の挨拶まで含めたら「ありがとうございます」など色々とあります。

 

日本でも、昼間の挨拶と夜の挨拶を使い分けるように、韓国語の中でもその場面に応じて変化する挨拶などもありますから、どういう場面でどのような挨拶をするのかということも含めて、韓国語の挨拶を上達させましょう。

 

それでは、挨拶から韓国語の上達を始めるのに役立つ基本的な挨拶をご紹介します。

 

「こんにちは」

 

これはご存じの方もたくさん居るのではないでしょうか。

 

韓国語では「アンニョンハセヨ」と言います。

 

これは朝、昼、夜、いつの時間でも使える挨拶です。

 

「おはようございます」と朝の挨拶をしたい場合は「アンニョンハシムニカ」となります。

 

別れの挨拶である「さようなら」の場合、韓国語では、自分が先に行くのか、先に行く人に挨拶するのかによっても使い分けられているのです。

 

韓国語上達の過程では、この使い分けが意外に覚えにくいものの様です。

 

自分が先にその場を去る場合「アンニョンヒケセヨ」、自分より先にその場を去る人には「アンニョンヒカセヨ」と言うのです。

 

この2つの挨拶は、とても良く似ていて紛らわしい表現なのですが、普段使っている「さようなら」の場面で、どちらにあたるのかを考えながら理解すると覚えやすいでしょう。

挨拶から韓国語の上達させる関連エントリー


韓国語を覚えるコツや学習法を分かりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 韓国語を上達させる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

挨拶から韓国語の上達させる