韓国語をマスター

プロを目指して韓国語を上達させる

韓国語を本格的に上達させて、それを生かしたいと考えている方もたくさん居るのではないでしょうか。

 

韓国語を上達させて、韓国の方とのコミュニケーションを取ったり、旅行を楽しんだりするのも素敵な事ですが、やはりその修得した韓国語を生かせる仕事をすることは、韓国語をはじめとして、外国語を上達させることを目指す人達にとって憧れなのではないでしょうか。

 

語学を生かした職業としては「通訳」が有名でしょう。

 

韓国語の高度な上達を目指すなら「通訳案内士試験」に取り組まれてみる事をお薦めします。

 

この試験は、国際観光振興機構が主催する国家試験で、単に韓国語の上達度を示すというものだけではないのです。

 

韓国語を使って、日本の歴史や地理など、日本の様々な文化を伝えると言う能力が必要となる試験なので、韓国語の学習だけでなく、日本のこともきちんと学習しなければなりません。

 

通訳案内士試験は、年齢や性別、学歴や国籍など関係なく、誰にでも受験資格が与えられる試験で、筆記試験と口述試験の2つが実施されます。

 

筆記試験では、英語やフランス語、スペイン語など、目的の外国語を選択した記述式の筆記試験と、日本語による筆記試験の2種類が実施されます。

 

韓国語を上達させて受験する場合には、韓国語を選択して試験を行うのです。

 

その後、2次試験として、口述試験があるのです。

 

ここでは選択した言語を使って、実践的な能力が判定されます。

 

合格率は6.9%程度と言われているので、かなりの難関とはなりますが、高い目標は学習の糧にもなりますので、検討される事をお薦めします。

プロを目指して韓国語を上達させる関連エントリー


韓国語を覚えるコツや学習法を分かりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 韓国語を上達させる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

プロを目指して韓国語を上達させる