韓国語をマスター

ハングル能力検定を韓国語の上達に生かす

韓国語上達の目標に「ハングル能力検定試験」と決めてみてはどうでしょうか。

 

NPO法人である「ハングル能力検定協会」によって開催されているもので、日本で6番目に始まった、外国語の検定試験なのです。

 

一般的な知名度はまだ少ないと言える検定ではありますが、韓国語の上達を目指している人達の間では、人気の高い検定なのです。

 

また近年においては、ハングル能力検定試験で取得した資格を単位として認めている学校も増加しており、社会的な地位が高まっている検定試験であると言えるでしょう。

 

それでは、ハングル能力検定試験の概要を簡単にご紹介しましょう。

 

まずこの検定の特徴としては、日本語を母国語としている人を対象としている検定であるという点です。

 

そうすることによって、韓国語上達のための学習において、理解しやすい点と理解しにくい点を明確にする事ができるため、韓国語の上達度を正確に判定することが目指せるでしょう。

 

試験の内容では、90〜120分の試験時間内で、筆記と聞き取りの2つの試験が行われるのです。

 

評価基準としては、韓国語上達のための学習を始めたばかりという初心者向けの5級から、上級者向けの1級まであり、各レベル共、100点満点中、60点〜70点以上で合格なのですが、1級に検定においては面接試験も取り入れられています。

 

毎年、秋位の時期に検定が実施されているのですが、2010年度の検定に関する情報はまだ明確にされていませんので、受験を希望している方は、ハングル能力検定試験のホームページのチェックしてみる事をお薦めします。

ハングル能力検定を韓国語の上達に生かす関連エントリー


韓国語を覚えるコツや学習法を分かりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 韓国語を上達させる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ハングル能力検定を韓国語の上達に生かす